女性こそ恋愛運より仕事運(その2)


さて『恋愛運が落ちている』原因が、

実は『仕事運が落ちている』からであるというお話の後半です。

(前半はこちらからどうぞ)

 

 

まず、どうしたらよいか。

ひとつは「仕事運」が落ちている時、

「恋愛」に逃げようとしないこと。

 

 

具体的には、仕事がうまくいっていない時は、

「彼がなんだか冷たいな」と感じても、

「最近、いい出会いがないな」と感じても、

その問題を深追いしない、と決めてください。

 

 

仕事がうまく行かない時だからこそ、

「彼にやさしくしてほしい」

「新しい出会いがほしい」

わたしも女性ですから、その気持ちは十分はわかります。

 

 

でも、仕事がうまくいかない時に恋愛に向かうと、

女性はどうしても男性に【しがみついて】しまうんです。

これでは、うまくいくはずのものも、うまくいきません。

 

 

西洋占星術では、女性は恋愛において『金星』を使います。

愛と美と豊かさの星『金星』ですね。

金星は『受け取る』役割の星。

でも環境が悪く、焦りが出ている時には

この『受け取る』作用の金星よりも、

『攻撃性・積極性』の作用の強い火星の方が強く出てしまいます。

 

 

しかしこの『攻撃性・積極性』作用の強い火星は、

恋愛においては本来、男性が使う天体なんです。

するとどうなるか。

『攻撃性・積極性』の強い火星同士がぶつかり合いになり

……おたがい険悪なムードになりがち、です。

 

 

特に女性はここで、攻撃的とまではいかなくても、

男性に【しがみついて】しまいがちになるのです。

 

 

『なんで~してくれないの!』

パートナーとの間柄も、出会いも、

このフレーズが出てくると、まずうまくはいきません。

仕事がうまくいかない時は恋愛を深追いしない。

第一は、これです。

 

 

……すみません、長くなりました。

さらに、どうしたらよいかのお話は、

また次回にさせていただきます。

お待ちください!

 

 

よろしかったら、クリックを(^人^)。

リンクバナー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください